1. イントロダクション

カシミールの歴史は仏教の中心地として始まり、ヒンドゥー教が広がり、両宗教が共存しました。14世紀にモンゴルの侵攻後、イスラム教が約5世紀に渡って支配し、その後パンジャブのシーク王国、ジャンムーのドグラ王国に併合されました。現代ではインド、パキスタン、中国による係争地で、文化的に重要なカシミールシルクの生産地としても知られています。

2. カシミール地方の地理的・気候的特徴

カシミール地方はパキスタン、インド、中国に分割されています。インドが最大面積(約101,338平方キロメートル)、パキスタンが約85,846平方キロメートル、中国が約37,555平方キロメートルを支配。この地域の気候は標高により異なり、低地では夏が暑く湿度が高い一方で、冬は寒く湿度が高い。高地では夏が短く涼しく、冬は長く寒い。カシミールの文化は中央アジアとペルシャの影響を受け、ダンス、音楽、料理、絨毯織りが特徴的。伝統的な衣装はカラフルで、女性はジュエリー、男性はクルタパジャマを着用し、手工芸品、特にパシュミナショールや手織り絨毯が有名です。カシミールの文化はダンスと音楽にも根付いており、フェスティバルでは多彩なダンスと音楽が楽しまれています。

3. カシミール シルクの製造のプロセス

  1. 桑の栽培: シルクの原料である蚕が食べる主食である桑を栽培します。
  2. 蚕の飼育: シルクの原料となる繭を作成するため、カイコガという種類の蚕を飼育します。この蚕は飛ぶことができず、短い寿命で500個の卵を産みます。卵は18℃から25℃の温度で適切に保管されます。
  3. 繭の収集: 成熟した蚕が作成した繭から、絹糸を取り出すための生糸を得ます。この糸は、蚕が紡ぎ出すタンパク質性の長く連続したものです。
  4. 糸抜き: 収集した繭から絹糸を紐解くプロセスを行います。
  5. 染色: 紐解いた絹糸を染めます。
  6. スピニング: 染色された絹糸を、織りやすい形に変換する工程を行います。

カシミール産のシルクは、独特な光沢と長い繊維で、柔らかく高品質です。とても細かい結び目でおられていることで有名です。最低でも30年は問題なく使えると言われています。

4. まとめ

カシミール地方は古くから仏教やヒンドゥー教の中心地で、現在はインド、パキスタン、中国に分かれています。地域の文化は音楽やダンスに根付き、カシミール シルクは世界的に注目されている素材です。このシルクは光沢があり、繊維が長く、柔らかいのが特徴で、高品質の絨毯に使われています。これらの絨毯は世界で評価され、今後も高級市場や国際的な需要の増加が予測されています。

カシミール絨毯