ギャッベ(Gabbeh)とは、イランの遊牧民によって手織りされる厚手で素朴なペルシャ絨毯の一種です。その名前はペルシア語で「未加工」や「自然」を意味し、ギャッベの製造に使われる素材や技術に反映されています。

 

ギャッベの意味と起源

ギャッベは、イラン南部の山岳地帯を中心に生活する遊牧民族、特にカシュガイ族によって製造されてきました。これらの絨毯はもともと家族の使用のために作られており、遊牧民族自身の家庭内での使用のために手織りされていました。市場向けに生産される前のギャッベは、家族が日常生活で使用するため、冷え込む夜や厳しい冬の寒さから身を守る保温材として、または床を覆うための装飾品として利用されていたのです。厚手であることから非常に寒い冬でも使用者を温かく保つことができました。ギャッベのデザインは、自然や日常生活からインスピレーションを得ており、山、動物、植物、人々の生活が織り込まれています。この背景から、ギャッベ絨毯には家族の暮らしや文化、自然環境への深いつながりや敬意が表現されています。それは、単なる物品以上の、遊牧民族の生活哲学や美学が反映されていることを示しています。

 

ギャッベとは:特徴と種類

ギャッベ絨毯の特徴は、厚みがあり触り心地が良いこと、そして他の絨毯にはない、素朴で可愛らしいデザインが施されていることです。全てが手作業で織られ、そのため各絨毯には織り手の個性が反映され、一点ものの魅力が生まれます。

素材は主に羊毛が使用され、その質が高いほど、絨毯は柔らかく、耐久性があります。天然染料を使用しており、植物から抽出された染料で染められた羊毛は、時間が経つにつれて色が変化し、独特の風合いを醸し出します。

ギャッベ絨毯には、特定の地域や部族によって製造されるものもあります。その中でも特に有名なのが、カシュクリとアマレバフトです。

カシュクリは、カシュガイ族によって製造されるギャッベの一種で、その名前は部族の名前に由来しています。カシュクリのギャッベは、その細かく緻密な織りと、鮮やかで複雑なデザインで知られています。このギャッベは、普通のギャッベに比べて織り密度が高く、より上質なウールを使用しています。また、毛足が短めに仕上げられているため、柄の細かいディテールが際立っています。カシュクリギャッベは、その高い技術と品質から、ハイランクのギャッベとして知られています。

一方、アマレバフトは通常のギャッベよりも目がより細かく、一方でカシュクリよりは目が粗い、中間的なギャッベの一つです。

 

ギャッベイラン:伝統と現代の融合

現代のギャッベは、伝統的な技法と現代的なデザインが素敵に融合したものもたくさんあります。これにより、ギャッベは世界中で大人気で、現代のインテリアにも簡単に取り入れることができます。イラン国内では、ギャッベ作りは重要な産業であり、遊牧民の生活を支えるとともに、イランの文化遺産を守っています。

 

まとめ

ギャッベはそのユニークなデザインと心地よい質感で、どんな空間もほっこりと暖かく彩ります。イランの遊牧民から受け継がれた芸術性と伝統的な技術が込められているため、ギャッベを手に入れることは、ただのインテリア選び以上に、家に文化的な価値を迎え入れることを意味します。ギャッベの魅力を一緒に楽しみながら、あなたの自宅やオフィスを彩る最適な一品を見つける手助けができればと思います。