ギャッベは、主にイラン南西部の遊牧民、特にカシュガイ族によって織られています。これらの絨毯は、その地域特有の文化や自然を反映したデザインが特徴です。織り方は伝統的な方法に基づいており、厚みのあるウールを使用して密度が高く丈夫な絨毯を作り出します。

 

素材の選択と処理

ギャッベの製造には、特に選ばれた羊毛が用いられます。この羊毛は、カシュガイ族が飼育する羊から採取され、自然な色のグレー、茶色、ベージュがかった白などが特徴です。未染色の状態では、自然な油分を含むため、水や汚れを弾く効果があります。

  • ウールの集めと処理: 春に羊から刈り取られたウールは、自然な厚みと弾力性を持っており、冬を越すために羊が育てた毛です。採取後、ウールは自然な方法で洗浄され、品質チェックを経て染色のために準備されます。
  • 天然染料による染色: 手織りのギャッベでは、草木などの天然素材を使用して糸を染めます。これにより、独特の風合いと色の深みが保たれ、耐久性も向上します。

 

手織りの技術

ギャッベの製造は全て手作業で行われ、その工程は以下の通りです。

  1. 紡ぎと染色: 採取したウールを紡いで糸にし、様々な色に染色します。
  2. 織り機の設置: 織り機には糸を縦に張り、たて糸を設置します。
  3. 織りの開始: たて糸に対して横から糸を通すことで、一つ一つの絨毯が形成されます。
  4. 模様の作成: 織り進める中で、様々な模様やデザインが施されます。これにより、ギャッベの個性的な美しさが表現されます。
  5. 仕上げと洗浄: 織り終えた絨毯は端を整え、洗浄して乾燥させます。