ギャッベ絨毯とは?

ギャッベ絨毯は、その厚みと手触りの良さで知られています。これらは全て手作業で織られ、使われる素材は主に高品質の羊毛です。使われる天然染料は植物から抽出され、長い時間を経ることで色の変化を見せ、絨毯に独特の風合いをもたらします。各絨毯には織り手の個性が反映されており、一点ものの魅力を持っています。

 

ギャッベのランク分けの基準

ギャッベ絨毯のランクは、織りの密度、ウールの質、デザインの複雑さ、色の鮮やかさによって決定されます。ランクが高いほど、その美しさ、耐久性、デザイン性が高く評価され、それに伴い価値も高まります。

 

カシュクリギャッベの特徴

カシュクリギャッベは、細かく緻密な織りが特徴で、カシュガイ族によって製造されます。細い糸を使用しているため、デザインは非常に精密で繊細さが増します。花や動物のモチーフが細かく表現されるのが特徴で、絨毯の厚みは薄く、ディテールが際立っています。その高い技術と上質なウール使用により、カシュクリギャッベはハイランクとして非常に価値があるとされています。

 

アマレバフトギャッベの特徴

アマレバフトギャッベは、糸が太いためデザインが大胆で、色彩が鮮明に表現されます。素朴で可愛らしいデザインが特徴で、毛足が長くふかふかしており、絨毯の重みもあります。目が細かいカシュクリに比べると目が粗いですが、その中間的な特性を持っています。これもまた、特定のニーズに合わせた中ランクの絨毯として評価されます。

 

ギャッベの選び方

ギャッベを選ぶ際は、ランクを理解することが重要です。使用される場所や目的に応じて、適切なデザインや品質のギャッベを選ぶことが求められます。たとえば、より精細なデザインを望む場合はカシュクリが、ふかふかして快適なものを望む場合はアマレバフトが適しています。