ギャッベ絨毯は、他の絨毯にはないユニークなデザインと手作業による温もりが感じられ、世界中で人気の絨毯です。この記事では、ギャッベの織り方からウールの質、作り方、さらにはギャッベのランク分けに至るまで、ギャッベの特徴をご紹介します。

 

ギャッベ織り方: 伝統と技術の融合

ギャッベの織り方は、イラン南西部の遊牧民の間で大切に受け継がれてきた伝統的な技術に基づいています。この手織り技術は、世代を超えて大切に伝えられ、一枚一枚の絨毯に独自の物語と魂を吹き込んでいます。織り方の基本は、頑丈で厚みのあるウールを使用し、密度が高く丈夫な絨毯を作ることです。この織り方のおかげで、ギャッベは長い間、その美しさを保ち続けることができます。

1. ウールを集める

まず、羊の毛(ウール)を集めるところから始まります。羊の毛を刈って、きれいにして、織り用に準備します。

2. ウールを紡ぐ

集めたウールを細い糸にする作業を「紡ぐ」と言います。この糸が絨毯を作るのに使う材料になります。

3. 染色する

次に、その糸を色々な色に染めます。天然の材料を使って、糸を鮮やかな色に染め上げます。

4. 織り機を準備する

織り機という特別な道具を使って、ギャッベを織ります。織り機には糸を縦に張り、これを「たて糸」と言います。

5. 織り始める

たて糸に対して横から糸を通していく作業を「織る」といいます。この横の糸を「よこ糸」と言って、手で一つ一つ丁寧に織り上げていきます。

6. デザインを作る

織りながら、色々な模様やデザインを作っていきます。これがギャッベの特徴的な美しい模様の秘密です。

7. 絨毯を仕上げる

全て織り終わったら、絨毯の端をきれいに仕上げて、余分な糸を切り取ります。

8. 洗うと乾かす

最後に、織り上げた絨毯をきれいに洗って、太陽の下で乾かします。これでギャッベの絨毯が完成します!


ギャッベを作るには、羊の毛を紡いで糸にし、色をつけて、織り機で一つ一つ手作業で織り上げるというたくさんのステップがあります。この一連の作業を通じて、暖かくて丈夫な美しい絨毯ができあがります。

 

ギャッベウール: 高品質な素材の選択

ギャッベ絨毯のウールは、特に厳選された高品質なものが用いられ、主にイランの遊牧民が飼育する羊から採取されます。これらの羊は、過酷な自然環境下で育つため、得られる羊毛は非常に強く、耐久性があります。自然放牧による羊毛は、柔らかさ、自然な光沢、色の吸収性が優れています。これらの特性は、ギャッベ絨毯の快適性と美観を大きく左右します。

採取された羊毛は、まず品質が厳格にチェックされ、長さ、強度、色、柔らかさなどの基準を満たした羊毛のみが選ばれます。選ばれた羊毛は、自然な方法で洗浄され、染色のために準備されます。この過程で、ウールは自然な脂肪分を保ちつつ、不純物を取り除かれます。その後、植物などの自然素材を使用してウールが染色されます。自然染料は、ウールに鮮やかで深みのある色を与え、時間が経っても色褪せることが少ないです。染色後のウールも再び品質チェックを行い、最終製品の品質を保証します。このような手間ひまかけた過程が、ギャッベ絨毯のウールの自然な光沢、柔らかさ、そして耐久性につながり、絨毯に深みと温かみを与えています。ウールの質は、ギャッベの快適さと耐久性に直接影響を与えるため、非常に重要な要素です。

 

ギャッベ作り方: 手間ひまかけた製法

ギャッベの作り方は、選び抜かれた素材を用い、熟練の職人が一針一針丁寧に手織りすることで、その価値が決まります。その素材とは、主にイランのザグロス山脈周辺の遊牧民族が生活する地域で採取されるウールです。この地域の羊は、過酷な気候と豊富な自然草地の環境下で育つため、羊毛は特に強靭で耐久性に富んだ特性を持っています。ウールの採取は、主に春の毛刈りの時期に行われ、この時期に採取されるウールは、冬を越すために羊が自然に育てた厚みのある毛で、特に柔らかく、弾力性があります。遊牧民は伝統的な方法で羊を丁寧に手刈りし、ウールを傷つけることなく最高品質の状態で採取します。ウールの特性としては、その自然な光沢と柔らかさ、そして色の鮮やかさが挙げられます。これらの特性は、ギャッベ絨毯の美しさと快適さを大きく左右します。この時間をかけた製法は、絨毯に独特の質感をもたらし、長年にわたって家族を温かく包み込むことができます。手作業による製法は、ギャッベの各々にユニークな美しさをもたらします。

 

ギャッベのランク: 品質を見極める

ギャッベ絨毯には様々なランクが存在し、これは織りの密度、ウールの質、デザインの複雑さ、色の鮮やかさなどによって決定されます。ランクが高いギャッベほど価値があり、美しさ、耐久性、そしてデザイン性に優れています。購入前には、このランクを理解し、自分のニーズに合ったギャッベを選ぶことが重要です。ギャッベ絨毯は、いくつかのランクがあります。その中でもカシュクリとアマレバフトが特に有名です。

カシュクリギャッベは、カシュガイ族が手掛けるタイプで、この名は族名にちなんでいます。細やかで密度の高い織りと、生き生きとした複雑な模様が特徴です。一般的なギャッベに比べて織りが細かく、質の高いウールを用いており、短い毛足によって細部のデザインが引き立ちます。カシュクリ製のギャッベは、その優れた技術と品質で上ランクとして評価されています。

アマレバフトは、標準的なギャッベよりも細かい目を持ちつつ、カシュクリほどではない、中間ランクの細かさを持つギャッベです。

購入を考えている皆様にとって、ギャッベは単なる絨毯ではなく、文化と歴史、職人の技術が結晶したアートピースです。この記事が、ギャッベの世界への理解を深め、最適な選択をするためのお手伝いになれば幸いです。