ペルシャは、トルコ、ペルシャ、中央アジアなどの特定の地域で伝統的に作られるカーペットやラグの種類の一つです。オリエンタルラグのサブカテゴリとして位置づけられることもあるものの、その織り方やデザインには独自性があります。

その織り方について詳しく見ると、一般的なカーペットとは異なり、ペルシャは多くの小さな糸を束ねるのではなく、平らに織り込まれる技法、「平織り」を使用しています。特に「スリットウィーブ」という織り方が特徴的で、これは色のブロックを一つずつ織りながら、色と色の間に微細な隙間を作り出す方法です。その結果、鮮やかで鋭角的なデザインや、幾何学的なパターン、対角線のモチーフなどが生まれます。さらに、ペルシャの特長として、表裏のデザインが同じであるため、どちらの面でも利用することができます。