このサイトはお使いのブラウザに対して限定的なサポートしか提供していません。Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

カート 0

ご注文は送料無料の対象となります。 You are ¥100 away from free shipping.
これ以上の購入はできません

ペア商品
小計 無料
配送料、税金、割引コードはチェックアウト時に計算されます

絨毯辞典

カシュクリ

カシュクリは、イランのシラーズ州に住む遊牧民によって織られる高品質なギャッベ(絨毯)の種類です。 このギャッベは、他のギャッベに比べて織り密度が高く、より上質なウールを使用しています。また、毛足が短めに仕上げられているため、柄の細かいディテールが際立っています。カシュクリギャッベは、その高い技術と品質から、ハイランクのギャッベとして知られています。

へシティ文様

ヘシティ文様は、長方形や正方形のパネルを並べたデザインで、各パネルには自然の景色や花々や噴水が、緻密に描かれています。 この文様は、まるで小さな庭園がタイル一つ一つに描かれているかのようで、庭園文様とも呼ばれます。

平織り

平織りは、経糸と緯糸を交互に交差させて布地を作る最も基本的な織り方の一つです。この方法で作られる布は丈夫で、両面が同じ見た目を持ちます。キリムは、この平織り技法を用いて作られる伝統的な手織りの絨毯です。  

メヘラブ文様

メヘラブは、イスラム教徒が祈る際に向かうべきカアバの方角を指し示す、アーチ形の入り口を意味します。このメヘラブはペルシャ絨毯のデザインによく用いられており、ペルシャ絨毯の中でも特に代表的なデザインの一つとされています。このデザインでは、イスラム教のモスクにある尖塔がモチーフとして取り入れられており、アーチの両サイドには柱があり、その下には木々や花瓶が描かれています。

龍文様

ペルシャ絨毯に描かれたドラゴンの模様は、ペルシャ絨毯だけでなく、中国、ヨーロッパ、メキシコなど多くの国で見られます。このドラゴンのデザインは、強さと威力を象徴しています。

ジョーシャガン文様

ジョーシャガン絨毯は、ペルシャ中部のエスファハーン北部のジョーシャガン村で手作りされる、特有のペルシャ絨毯です。この絨毯のデザイン、ジョーシャガン文様は、ペルシャ絨毯の中でも独特で、直線と曲線を組み合わせた文様が特徴です。この文様はジョーシャガン地方に古くから存在し、カシャーンやイスファハン地方の絨毯デザインにも取り入れられています。ジョーシャガン文様の特徴は、花の模様をあしらった菱形を組み合わせて作られる幾何学的デザインで、これが斜めに配置された市松模様のような見た目を作り出しています。また、小さい菱形が連続して並んでいるデザインもあります。

ヘイバトルー文様

ヘイバトルー文様はペルシャ絨毯に用いられる特定のデザインの名称で、自然からインスピレーションを受けたシンプルながらも古くから存在するオリジナルのパターンの一つです。この文様の特徴は、小さい円形の装飾や大きな角部分であり、その中には細かな幾何学模様が施されています。このデザインは、その名前が最初につけられた町や村、部族から名づけられており、ペルシャ絨毯の中でも特に古く、有名なパターンの一つです。ヘイバトルー文様は、カシュガイ族のキリムという種類の平織り布に特によく見られるデザインで、大きな六角形と小さな幾何学模様が特徴です。デザインは非常に精緻でありながら、下絵を使用せずに織られています。ペルシャ絨毯のデザインには主に四つの種類があり、ヘイバトルー文様はその中の「メダリオン」と呼ばれるカテゴリーに分類されます。

生命の樹

ペルシャの絨毯に見られる『生命の木』のデザインは、天国と地球をつなぐ架け橋として、エデンの庭を連想させるものです。このデザインは、生命、豊かさ、成長、そしてすべての生命体の相互関係を象徴しています。また、ペルシャ織りの芸術を反映しており、時に木に描かれた鳥が幸運を意味することもあります。

糸杉文様

ペルシャの絨毯における糸杉文様は、永遠の命、魂と宗教的生活の喜び、地球と天国のつながり、および静けさと再生を象徴しています。

シェイク サフィ デザイン

シェイク・サフィのデザインは、花のような豪華で大きなメダリオンを中心に、上下に吊りランプを配置し、コーナーにメダリオンを4分割した文様を施しており、「シェフ・サフィ・デザイン」と呼ばれています。サファヴィー王朝の祖、シェイク・サフィアルディンは1334年に85歳で亡くなり、彼の廟はカスピ海西岸のアルデビルに建立されました。17世紀には、シャー・アッバース1世として知られる名君が1610年代にアルデビルを訪れ、荒れ果てたシェイク・サフィの廟を修復しました。彼はコーラン、絨毯、中国の磁器などの貴重な私財をこの廟に献納しました。このような献納行為は「パグフ」として知られ、宗教的な善行として認識されています。シェイク・サフィの時代に作られたペルシャ絨毯の中で特に注目されるものが、アルバート美術館(イギリス)に所蔵されているアルダビールカーペットです。この絨毯は1539年にアルダビールのシェイク・サフィ・アッディン・コンプレックスに贈られ、ペルシャ絨毯を代表するものとなりました。デザインにはシャー・アバス植物や神聖さを象徴する濃紺色、ベルガモットの太陽光を象徴するデザインが特徴です。この絨毯は、16世紀半ばにシャー・タフマスブによってアルダビール神殿のために委託され、サファヴィー時代の豊かな文化と精神的遺産を反映しています。

シーラーズ

シーラーズはペルシャ南西部の歴史的な都市で、ファールス州の中心地です。この都市は、文学や詩、美しい庭園で知られ、詩人ハフェズやサアディの故郷としても有名です。また、古代からの交易の中心としての役割も果たしており、多くの観光名所や歴史的建造物が点在しています。

カシミール

カシミール地方は、インド、パキスタン、中国の3つの国にまたがる地域で、その政治的・地理的位置から長年にわたる紛争の中心となっています。地域の大部分はインドとパキスタンによって支配されており、各国はこの地域に対する主権を主張しています。カシミールはその美しい自然や伝統的な手工芸品、特にカシミール・ウール(カシミール織)で知られています。しかし、国際的な緊張と地域の政治的不安定がこの地域の発展を妨げています。カシミール問題は、インドとパキスタン間の関係において重要な問題であり、両国間の紛争の根源となっています。また、中国も一部のカシミール地域を支配しており、この地域に関する主張もしています。

バルーチ

バローチ族は、西ペルシャの起源を持つ民族で、主にパキスタン、ペルシャ、アフガニスタンのバローチスターン地域に住んでいます。中央アジアやアラビア半島にも彼らのコミュニティが散らばっています。この族の歴史には、他の部族がバローチの体系に溶け込むことがよくあり、そのため現在のバローチ族は多様な背景を持つ人々で構成されています。彼らの大部分はパキスタンに住んでおり、その中でも50%がバロチスタン州、40%がシンド州にいます。パンジャーブ州にも少数が住んでいます。パキスタンの全人口の3.6%、ペルシャとアフガニスタンの約2%がバローチ族です。バローチ絨毯は、この民族がアフガニスタンやペルシャ東部で織るものです。これらの絨毯は、多様なデザインや特有の斜めのモチーフが特徴です。また、複雑な幾何学的デザインが迷路のような形になっているものもあります。

フローラル

フローラルデザインは、特に都市で製造される伝統的なペルシャ絨毯でよく見られ、16世紀からペルシャ絨毯に現れるようになりました。このデザインは、花のモチーフと曲線的なパターンを組み合わせています。 ペルシャ絨毯のフローラルデザインには2つの主要なタイプがあります。1つは「メダリオンフローラル絨毯」で、中央に大きな花のメダリオンがあり、伝統的なペルシャ絨毯で一般的です。もう1つは「オールオーバーフローラル絨毯」で、中央メダリオンがなく、絨毯全体に花のモチーフが広がっています。 これらの絨毯は部屋の中心的な要素として使用され、インテリアデザインに魅力を加えます。メダリオンフローラル絨毯は通常、部屋や家具と中心に配置され、オールオーバーフローラル絨毯は部屋のどこにでも配置できます。 フローラルデザインのペルシャ絨毯には花のサイズや枝の太さなどの特徴があり、それぞれ異なる使い方があります。

オールオーバー

ペルシャ絨毯には、中央のメダリオンがなく、絨毯全体を覆う花柄のデザインがあります。これは、都市で作られる伝統的なペルシャ絨毯の一つです。このデザインは、大きな花や動物、鳥のモチーフが散りばめられており、中心部が固定されていないため、デコレーションの場所を選ぶ自由があります。一方、絨毯の全体に幾何学的な形が繰り返されるデザインも人気で、特定の都市では特に好まれています。

ピクチャーラグ

ピクチャーラグは職人の高度な技術や才能が感じられるものです。彼らが絨毯作りに情熱を持って取り組むことで、非常に精巧な作品が生み出されます。この絨毯は、専門のワークショップでのみ職人たちによって作られています。主にタブリーズ、カシャーン、サルーク、イスファハーンの4つの都市で製造されています。これらの絨毯には、風景や歴史的人物、重要な場所などが描かれています。デザインや構図は伝統的な芸術に似ており、職人の高度な技術を再確認できる作品です。