シェイク・サフィのデザインは、花のような豪華で大きなメダリオンを中心に、上下に吊りランプを配置し、コーナーにメダリオンを4分割した文様を施しており、「シェフ・サフィ・デザイン」と呼ばれています。サファヴィー王朝の祖、シェイク・サフィアルディンは1334年に85歳で亡くなり、彼の廟はカスピ海西岸のアルデビルに建立されました。

17世紀には、シャー・アッバース1世として知られる名君が1610年代にアルデビルを訪れ、荒れ果てたシェイク・サフィの廟を修復しました。彼はコーラン、絨毯、中国の磁器などの貴重な私財をこの廟に献納しました。このような献納行為は「パグフ」として知られ、宗教的な善行として認識されています。

シェイク・サフィの時代に作られたペルシャ絨毯の中で特に注目されるものが、アルバート美術館(イギリス)に所蔵されているアルダビールカーペットです。この絨毯は1539年にアルダビールのシェイク・サフィ・アッディン・コンプレックスに贈られ、ペルシャ絨毯を代表するものとなりました。デザインにはシャー・アバス植物や神聖さを象徴する濃紺色、ベルガモットの太陽光を象徴するデザインが特徴です。この絨毯は、16世紀半ばにシャー・タフマスブによってアルダビール神殿のために委託され、サファヴィー時代の豊かな文化と精神的遺産を反映しています。