ボテーはペルシア語で新しい花や植物の芽を意味し、ペルシャ文化において成長や再生の象徴とされています。

ボテー柄を探す場合、タブリーズやサルーク、ハマダン、バルーチ、マハール、マシャド、マライヤーの絨毯でよく見られることがあります。

絨毯上でのボテーの形は、涙、炎、または松かさのような形をしており、絨毯全体に繰り返し配置される模様として登場します。