イスファハーンは、南ペルシャにあるユネスコ世界遺産都市です。美しい建築物と豊かな文化遺産で有名で、イスファハーン州の州都でもあります。16世紀末にサファヴィー朝の首都となり、「世界の半分」と称されるほど重要な地位を築きました。観光名所にはイマーム広場やイマーム・モスクなどがあります。

イスファハン絨毯は鮮やかな色、特に深い赤と青の組み合わせが特徴です。これらの色は自然素材から作られた染料で作られていて、色鮮やかで長持ちします。有名な絨毯工房にはタバリ工房、ハギヒ工房、セイラフィアン工房などがあります。