ナインは、イランのペルシャ中央部にある小さな町です。イスファハンから東に約140キロメートル離れた、砂漠に近い場所に位置しています。この町は、特に20世紀初頭に作られた高品質の手織りペルシャ絨毯で世界的に有名です。

ナインの歴史は古く、イスラム教の広まる前から存在していたとされています。主な観光スポットには、古い城やブワイフ朝時代に建てられたジャーメ・モスク(大モスク)があります。

ナインで作られる絨毯は、イスファハーンスタイルをベースにしており、深い青、ベージュ、クリーム色の美しいデザインが特徴です。これらは主にシルクとコットンで作られ、白いシルクをアクセントに使用しています。

ハビビアン工房などの有名な工房があります。