ペルシャ絨毯を買うとき、どれを選べば良いのかわからない人も多いと思います。この記事では、ペルシャ絨毯の素材や産地、種類について理解し、絨毯を選ぶ際の参考の一つにしてみて下さい。

一般的にどのようなペルシャ絨毯が品質の良いものとされているのか、いくつかの観点から解説します。

ペルシャ絨毯の素材

本物のペルシャ絨毯は、ウール、綿、シルクなどの天然素材で作られています。もし絨毯の素材が、人工素材から作られている場合、それは本物のペルシャ絨毯ではありません。

シルクの絨毯はウールの絨毯よりも価値が高く、より光沢があり繊細な外観を持っています。

ペルシャ絨毯の産地,種類

産地によって異なるデザインや色使いがあるので、デザインや品質を考慮して選んでみて下さい。

たとえば、クム産の絨毯は高品質なシルクで、タブリーズ絨毯は伝統的な魚模様や耐久性が特徴です。ナインの絨毯はシンプルなデザインが多く、日本の家庭にもよく合います。ギャッベは遊牧民の絨毯で厚みがあり、柔らかい感触が魅力です。

年代(アンティーク,ヴィンテージ)

アンティーク絨毯は、新品より価値がありますが、修復の技術によって価値が変動します。年代やスタイル、モチーフから時代を判断することは難しいですが、もし状態の良いアンティーク絨毯に巡り会えたらラッキーです。

ペルシャ絨毯の価格

絨毯を選ぶ際の重要なポイントです。

ペルシャ絨毯の価格は先ほど説明した素材や産地、年代や、サイズによって異なります。

絨毯の価格は、為替レートや輸入運賃、入手容易さなど多くの要因によって変動します。

弊社では中間業者を介さず、現地工房から直接強いれることで、適正価格を実現しています。

ペルシャ絨毯以外の選択肢

また、ペルシャ絨毯以外の選択肢としては、ウールの絨毯であればパキスタン絨毯。

パキスタン絨毯は、ペルシャ織りを採用しており、織りの密度が高く、高品質でありながら、ペルシャ絨毯に比べてリーズナブルです。色味やデザインも落ち着いており、インテリアと相性が良いことからとても人気の絨毯です。

シルクの絨毯であれば、カシミールシルクの絨毯もおすすめです。ペルシャ絨毯に比べリーズルナブルであり、ペルシャ絨毯のシルクの色合いとは異なり、ヴィンテージライクな温かみがあります。

カシミールはシルクの産地としても有名で、クオリティも高いものが多いです。

まとめ

一番大事なのは、自分のスタイルに合った、本当に欲しい絨毯を選ぶことです。オリジナリティを重視し、ユニークな絨毯を見つけましょう。

手織り絨毯は、それぞれに個性があります。是非自分に合った素敵な一枚を見つけて下さい。