カシャーン(Kashan)はペルシャ西部に位置する歴史深いオアシス都市で、建築と古代遺跡で知られています。この町は古くから工芸品の生産で有名で、特に絨毯作りで世界的に名声を築いています。

カシャーンの絨毯は、シルク100%で作られたものを含む、高品質な製品で知られており、300年以上の歴史があります。16世紀には、動物や狩猟のシーンを描いた美しいシルクカーペットやウール製品が生産され、多くの人々に愛されました。中でもアルダビール絨毯は、カシャーンがその起源であるとされています。

19世紀後半になると、カシャーンはさらにその評価を高め、高品質のウールやシルクカーペットの生産で世界的に名を馳せるようになりました。